お知らせ

日本におけるホメオパシーの第一人者・永松昌泰 がんセミナー

2020-08-29

日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡していると言われています。がんはここまで「身近な病」になりましたが、がん治療は、益々混乱を極めています。

がんに対する根本的な誤解や思い込みは、患者はもちろん、医師にも大きくあり、数多くの悲劇を生み、がん患者の53%もの「がん難民」を作り出しています。がんと診断されてパニック状態に陥り、医師と家族に言われるまま、三大療法のベルトコンベアーに載せられ、こんなはずではなかった、と悩まれる方々の何と多いことでしょうか?
また患者の考える治療と医師の考える治療には大きな隔たりがあり、それが混乱をますます大きくしています。

「早期発見、早期治療は正しいのか?」「がんは切れば治るのか?」等々、現在のがん治療の何が問題なのかを分かりやすくお話します。

そして今注目されているホメオパシーは新しい未来を提示する代替療法の一つです。ホメオパシーは200年以上の歴史を持ち、ヨーロッパの多くの国で国民健康保険に指定され、160年にわたり英国王室御用達の医療であり、フランスでは全薬剤の3分の1以上を占め、ドイツのプロサッカーリーグの92%のチームドクターがホメオパシーを使うなど、全世界で実績を積み、医療の新しい希望の星として信頼を深めています。ホメオパシーで1000人以上のがん患者を診たクオンタムホメオパシー・永松昌泰が、「それではどうすれば良いのか」を、ホメオパシーならではの多くの奇跡的な治癒の実例を含めてお話します。

質疑応答の時間を設けますので、お気軽にご質問などもしていただけます。

※受講は、会場のほか、オンライン(ZOOM)でも可能です。インターネットのある環境であれば、スマートフォン・パソコンから簡単にご参加いただけます。
※後日、録画したものを視聴して頂くことも出来ます。視聴期限は半年間となります。

日時

9月19日(土)13:00~16:00

会場

ハーネマンアカデミー東京教室(大門)
もしくはオンラインにて

参加費

3900円(税込)
※在校生・卒業生は2800円(税込)

講師

永松 昌泰

永松 昌泰(ながまつ まさひろ)

クォンタムホメオパシー/ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー名誉学長/日本ホメオパシー振興会代表

慶応義塾大学工学部卒業後、コロンビア大学、パリ大学で量子力学、哲学、文学を専攻。帰国後、実家の鉄鋼業会社を経営。ドイツ発祥のホメオパシー医学に出会い人生が一変。1996年ハーネマンアカデミーを設立。学校運営、教鞭をとる傍ら、ガン患者さんだけで1000人、また難病、慢性病の患者さんを今現在も本質的な健康に導いている。

数学、物理、音楽、文学、歴史からゴルフや経営に至るまで、森羅万象の膨大な知識に裏付けされた卓越した洞察力と比喩を自在に駆使して物事の本質を読み解く力は、病気だけではなく、経営、人生相談のクライアントさんを本質的な解決へと導いてきた。
著書に「ホメオパシー入門」(春秋社)、訳書に「ホメオパシー医学哲学講義」(緑風出版)、「ホメオパシーの哲学 病の声を聴く」(春秋社)「シナジー概論」(ハーネマン出版)

お申込み

一般の方はこちら

在校生・卒業生はこちら

こちらのガンセミナーは今後も定期開催いたします。次回は12月12日(土曜)を予定しています。

お問い合わせ

ハーネマンアカデミー・オブ・ホメオパシー 東京教室
〒105-0012 東京都港区芝大門2-2-1 ユニゾ芝大門二丁目ビル 621号室

TEL: 050-1746-2611 (10:00~20:00)

※講演会や急なセッションなどで、お電話を取れない場合もございます。その際は、お手数ですが、留守番電話の方に、お名前とご用件をお話ください。24時間以内に折り返しお電話させていただきます。

E-Mail: education@hahnemann-academy.com

※講演会や急なセッションなどで、お電話を取れない場合もございます。その際は、お手数ですが、留守番電話の方に、お名前とご用件をお話ください。24時間以内に折り返しお電話させていただきます。